<< 菊地真誕生祭 アストロPの真作品まとめ | main | カルミナPの「アダージェット」についてメモ数言 後編 >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


yocch41P、復活か? "真 × 国家"

JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER

これは、真誕生祭用作品と見てよいのだろうか。

【ニコニコ動画】MAD アイドルマスター 真 × 国歌


久々にyocch41P師匠の登場です。
トカリス以前の作品のリメイクということです。
マイリストのナンバーづけから、トカリス以前に32作も作っていたことがうかがえるのですが、
現在全て削除されています。

トカリス以前の作風については筆者には全く謎であって、
ニコチャートで投稿者名"yocch41"で検索して出てくる題名などから
内容を想像するしかないものの、
シュールでミニマルな「いつもの」芸風がいつ確立したのかについては
何の手がかりもありませんでした。

どのくらい「微調整」が入っているのかわからないのですが、
今回の作品を見る限り作風は現在とかなり似たものに見えます。
衝突感のあるアップの使用、
余計な説明のない、映像と楽曲との微妙だが決定的なズレ……

しかし、よく見るとやはり微妙に違う・
ないし前期yocch41Pに通じる雰囲気が見られます。
たとえば、楽曲に合わせて編集している感覚がある。
現在のyocch41Pは、さらにレベルが上がり、
「あたかも編集をせずそのまま投げ出し、無為の境地に到達したかに見える神仙編集」
を行うのであって、今作のように編集に作為を感じさせることは
あまりないのではないかと思います(作品の方向性によって多少の差はありますが)。

"蒼い鳥"の振り付けを用いたスローシンクロというのは
スロー曲の定番パターンなのですが、
比較的最近のyocch41Pの作品と比べてみると面白い。

【ニコニコ動画】MAD アイドルマスター とかち × ドラゴンクエスト


この動画を見ると、yocch41Pの動画の進化・深化の方向性が見て取れます。
おそらく作風の要素要素はかなり初期から揃っていて、
そこからいらないものをひとつずつマイナスしていくことで
とかちワルキューレのシンプルなスタイルにたどりついたのではないか。

などと、yocch41Pの作風の変遷について考えさせられる動画でした。
それにしてもこの音源はどこから取ってきたんでしょうね。オリンピックかな?


スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 22:53
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM