<< アストロPの新作 "みちまこ(及川光博x菊地真)でDo-Dai アイドルマスター" | main | 嵐が丘について補足するつもりが、まこTPの紹介になってしまった >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


41Pの新作 "MAD アイドルマスター × beatmania APPEND YebisuMIX "

41P、2週間ぶりの新作はBeatmaniaもの。
「メタルギアソリッド」のメインテーマのRemixのようです。

【ニコニコ動画】MAD アイドルマスター × beatmania APPEND YebisuMIX 【メタルギアソリッド】


41PのBeatmania作品は現存するものから想定する限りこれが最初のものです。
師匠yocch41Pの作品では、以下の良作2品があります。
⇒ 【ニコニコ動画】MAD アイドルマスター とかち × BEATMANIA + α 【2曲目】
⇒ 【ニコニコ動画】MAD アイドルマスター とかち × BEATMANIA + α 【3曲目】

今回の作品は、メタルギアソリッドの主人公スネークにとかちを擬して、
侵入していくさまをいつもの最小限の素材で描いています。

前回作品後半の半透明とかちと、コープスパーティーで見せた背景の壁アップのアイデアを
見事に換骨奪胎し、ステルス侵入のイメージを醸し出す様は圧巻。

冒頭の白抜きとかち&アケマスは最近の41Pのパターンですが、
アーケード版の画面のアップを用いて、疑似エフェクト効果を生み出している面白さ。
また、yocch41P・41Pのとかちワルキューレは
巨大な敵として、迫ってくるもののイメージが強かったのですが、
今回は素直に主人公役というのも新鮮でした。

題名の表示も新しい。
いつもの帯は本来の役割を失うほど細くなって、
装飾用のラインと言ったほうが近いほどになっています。

既存のアイデアを使いながら別の姿に変えていき、
重戦車のごとく一歩一歩新しい世界を切り拓く着実な進化はいつものことですが、
今回は映像作品としても硬質で研ぎ澄まされ、
エフェクトをふんだんに使った作品に決して劣らぬ演出効果を生み出しています。
映像の印象だけに話を絞るなら、deadblue238Pや_Pに近い世界と言えるのではないか。
(それもちょっと違うのだけれど、うまい表現が思いつかない)

しかも、41Pは抜き素材をふんだんに用いながらも
アイドルマスターから離れた感じを全く与えない(というか、全く離れていない)。
「アイドルマスター」という素材と「映像作品」としての精度にきしみが聞こえる昨今、
41PほどアイドルマスターでMADを作ることの必然性を考慮している作家が
どれだけいるだろうか、などとぼんやり考えてしまいます。

魔術的な完成度を持った優れた映像作品が次から次へと現れているけれども、
重戦車41Pはひっそりこんなところまで来ている。
何人のアイドルマスターMAD作家が、この作品に危機感と希望を見出すことだろうか?

JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER



スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 23:24
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM