<< yocch41Pの新作 "アイドルマスター とかち × I.Q" | main | アストロPの新作 "秋月律子劇場・SIDE-B 珈琲 アイドルマスター (long ver.)" >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


律子誕生祭:アストロPの律子作品まとめ(前編)

律子誕生祭

さて、明日6月23日はりっちゃんの誕生日ということで、
前後編の2回にわたってアストロPの律子作品について書きたいと思います。

とはいっても、アストロPの律子作品を紹介するだけでは
あまりにも数が多く、結果的に定番のものが並んでしまうので、
前編ではアストロPにおける律子作品について簡単なデータ集計をしてみます。
後編では、あまり注目されていない律子作品を紹介する予定です。


集計データは6月22日現在のものです。
※今回は、B反市内の作品は複数とみなして集計しています。
※データ分類はあくまで筆者の主観的なものですが、
単純な集計ミス・モレもあると思いますので、ご指摘をお待ちしています。

■りっちゃん登場作品集計
・guesswho1111作品数         … 90作品
・うち、アイマス要素の入った作品   … 59作品
・うち、りっちゃんが登場する作品   … 29作品(アイマス作品の約49%)
・うち、りっちゃんが主役級の扱い   … 18作品(アイマス作品の約31%)
・うち、りっちゃんオンリー作品    …  9作品(アイマス作品の約15%)

参考:キャラクター別登場作品ランキング
1.律子  29
2.あずさ 22
3.真   18
4.美希  16(うち覚醒1.5)
5.亜美  15
6.やよい 14
7.雪歩  14
8.春香  12(春の祭典含む)
9.千早  11
10.伊織  9
11.真美  3
※「秋月律子 涙のラストコンサート アイドルマスター」の
後半部分のような、ワンカット出演も含めています。

ということで、確かにアストロP作品中においてりっちゃんが
大きなウェイトを占めていることは確かなのですが、
思ったよりバランスよくキャラクターを使っていることもわかります。
(特に、アストロPの全作品を通して見ると、あずさ・真に対する愛情を感じます)

なぜアストロPといえば律子というイメージが強いか。
勿論、傑作手書き連作 "秋月律子劇場" シリーズのインパクトも大きいと思いますが、
アイマス作品に限ってトップテンを見た場合、10作品中なんと7作品で
律子が主役・ないし主役級の重要な役割を担っていることがわかります。
⇒ 参考。guesswho1111作品を含めたランキング

つまり、アストロPの律子作品はヒット率が高い
理由はともかく、データ上からはそのことが読み取れます。

では次に、月別のりっちゃん作品率を見ていきます。

■月別りっちゃん主役級作品数/登場作品数/アイマス要素を含んだ作品数
2007/5 ---0/0/3
2007/6 ---1/2/6
2007/7 ---2/2/6
2007/8 ---5/6/7
2007/9 ---2/3/5
2007/10 ---1/3/3
2007/11 ---0/1/3
2007/12 ---4/5/8
2008/1 ---1/1/2
2008/2 ---0/0/2
2008/3 ---0/1/3
2008/4 ---1/2/6
2008/5 ---0/3/4
2008/6 ---0/0/1

テキストじゃよくわからない! ので2月毎にまとめてExcelでグラフを作ってみました。

律子誕生祭用グラフ

がんばった割に見難いグラフで残念無念。
主役級作品の割合が去年の8月をひとつのピークとして
秋月律子劇場シリーズの開始から終了までに集中していることを指摘したかった。
律子劇場が完結してからは、作中の要素として出てくる割合は依然多いものの
主役として登場しているのは "農協は夜の七時" 1作のみ。
これとて動画は借り物、真の主役は幾三だと考えるなら
本当の意味で律子が主役の作品は1月27日投稿の
"秋月律子劇場・エピローグ What the World Needs Now is Love" 以来
4か月半投稿されていないことになります。

ではアストロPの興味が律子というキャラクターから離れていったのかというと少し違って、
アイドルマスターという素材の世界観に足を突っ込みすぎない
どこか飄々とした自由な作品作りに向かっている結果ではないかと筆者は思っています。

個人的には最近の作品の持つ軽やかさも好きなのですが、
秋月律子劇場のようなヘビーな味わいを再び求めているファンも多いとは思います。
明日は作品を上げてくるか、否か? いずれにせよ楽しみです。

---

週刊アイドルマスターランキングで「夏のB反市」紹介されていましたね。



これは "おっホイ。 " のMuhKurutsuさんの仕業か? いい仕事ですねえ。
出展企業が増えるのを心待ちにしております。


JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER



スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 21:37
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM