<< 歯ブラシP "Digital Love【Daft Punk】" が素敵です その1 | main | アストロPの新作 "俺らインスマスさ行ぐだ (旧支配者のキャロル) アイドルマスター" >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


歯ブラシP "Digital Love【Daft Punk】" が素敵です その2

アイマスをろくに知らないブログ筆者による
不遜な批評を装ったファンレター第2章。その1は ⇒ こちら

【ニコニコ動画】【アイドルマスター】Digital Love【Daft Punk】


※長々理屈っぽく書いていますが、こんなこと考えないと楽しめないような
作品では全くないです。何の先入観もなく素直に見て、いいな! と思える作品です。
マイリスト率を見れば一目瞭然。
長文は、つい悪癖が出たまでです……


以下、続き。

2.「はるちは」「メカ千早」モチーフ用法におけるオリジナリティ

事前に確認の意味も込めて簡単な説明。
◎「はるちは」とは
アイドルマスターのキャラクター、天海春香と如月千早を
カップルに見立てたアイドルマスター動画の総称。
広義には、両者が組んだユニットが登場する作品。

◎「メカ千早」とは
ゲーム中の曲「おはよう! 朝ごはん」の千早の歌い方が
あまりにも機械的だったことから、
メカゴーグルをつけた千早につけられた愛称。
古典:THE IDOLM@STER アイドルマスター おはよう!!メカご飯 〜メカ千早ソロver〜

さらに、下に代表される派生作品もヒット、現在も人気は衰えません。
好例:アイドルマスター Do-Dai メカ千早プロトタイプ駆動音山盛りVer.

ネタとしてだけでなく、ゲーム中の性格と組み合わされ、
心を素直に開けない千早の隠喩としても用いられるのも人気が長続きする理由の一つ。
名作:アイドルマスター 『こんなに近くで…』 Mechanical Chihaya ver.

葛藤→心の開放、という筋道を辿ることが多く、
今回の作品もその系列に含まれる。

(いかがわしい説明だなー。半可知識なので間違えていたらご指摘ください。)


さて、今回の作品は上記モチーフの用法に新味があると感じたのですが、
どうもうまく説明できそうにないので印象を述べるにとどめます。

・開かれた「はるちは」
基本的にやおい・百合など同性愛要素のある作品は
他者(異性)の介在できない「彼・彼女たちの世界」に
完全に責任を保留された状態で立ち会うことができる、
そこに面白みがあると思われます。

「はるちは」作品も当然例外ではないのはずですが、
この作品では閉ざされた感じがしない。
歌詞の骨子 "Why don't you play the game?" のyouは
千早であると同時に、視聴者を含んでいるyouだろう、
確かにそう感じられます。

では、なぜそう感じるのか?
ここでハタと筆が止まる。
勿論原曲の歌詞自体がそのような意匠なのですが、
だからといって動画の印象自体が開放的になるとは限らない。
つまるところ「要素」や「効果」よりも「メッセージ」に重点を置いた演出
その一因があると思うのですが、その検討は次に回します。

・このメカ千早は鬱じゃないぞ
いわゆる「ガチ」のメカ千早作品はどうしてもある種の暗さ、重さを伴うことが多い。
葛藤→心の開放、という筋道を辿るためには
「葛藤」の部分に「メカ千早」要素がもたらす以上の説得力を持たせる必要があります。
その際になぜ重たくなってしまうかというと
「心情描写」をもって葛藤を描こうとするためです。

ところが、この作品で心情描写は必要ない。
なぜなら、宇宙服を着た身体そのもの、ダンス自体が葛藤を表現しているからです。
(詳しくは前回エントリーを読んでください)

だからこの作品は切なさを感じさせつつも軽さを保ち、
どことなくクリスタルな画質とあいまって
初期の村上春樹作品のような(?)甘酸っぱさを漂わせています。

勿論、メカ千早はおしなべて重いより軽いほうがよいと言っているわけではないです。
今回の場合、ダフトパンクの音楽の持ち味とこの特性が見事にマッチし、
単にスタイルとして新しいだけでなく
適切な効果を生んでいるところが素敵なのだと思います。


ああ、今回も、とんちんかんな事ばかり書いているのだろうな。
愛が届けば、それでいい。と割り切り、3に続く。 ⇒その3

---

さて、アストロPのB反市、動き始めましたね。
moguP、めるりPの仕事の速さに驚きました。




JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER



スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 21:15
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM