<< トカリス シンプル化とギミック | main | よんよん呼んだらとびだして 上 >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


youtubeから、バッハ、ヘルダーリンなど

以前紹介した "アンナ・マグダレーナ・バッハの年代記" の一部を
youtubeで見つけたのでぺたぺた貼り付けます。



うーん、すばらしく輝かしいカットだと思うのですが、
やっぱり画質がいまひとつだと美しさがわかりづらいですね。
窓の外に揺れる梢の感じや、ハープシコードの質感など、まあDVDで見てもわかりづらいか。
地方に住んでいると映画館で見られる機会もなかなか巡ってこなさそうで残念。
演奏しているのはバッハの奥さんなのであまり流麗な演奏ではないのです。



若きグスタフ・レオンハルトがバッハ役なので、こちらはさすがの弾きぶり。
(以下格納)



マタイ受難曲冒頭。一番根底に三角形の構図があるのだけど、
傾いた垂直線に対してぎざぎざに切れ込みを入れるような斜め線が入って
視線はとめどなく画面全体をさまようことになるので
7分ワンカットカメラの動きなしでももつということなのでしょうか。圧巻。
これが映像・音声同時録音なんだからこだわりすぎである。
残念なことに6分頃に映像・音声に乱れがあるので全部は見なくてもよいと思います。

しかし、映画全体の中から切り離されて見ると多少味気なくも感じる。
構成あってこそのストローブ=ユイレです。全編視聴する機会があればぜひどうぞ。



こちらは演奏ではなく台詞部分ですが、モノローグのリズムも実に音楽的。
構図は三角形で安定しているように見えてじわじわと圧迫感を感じさせますね。

ストローブ=ユイレの他の映画はこんなふうな淡々としたモノローグが
続いていくものが多いようで、下のカットなどもこれと似た狙いでしょうか。



ドイツの詩人ヘルダーリンの「エンペドクレスの死」が原作の作品のようです。
ここまで画質が下げられていると
動きの少ない動画だと何をやっているのかよくわからなくはなりますが、
一見がっちりしていた構図がそのまま徐々に不穏さを増していく味わいがすばらしい。
2分だけでおあずけはつらい。DVD買うかなあ。

-
アイドルマスター話がないのもなんなので、新コーナー "今日のやよい先生" 。
ξ*'ヮ')ξ<一一Pの動画がまたすごいんだけど! どうなってんの!

・Mae with THE iDOLM@STER The Everglow

ξ*'ヮ')ξ<あんまり特定の作家ばかり押すのは本位ではないのですが、振り付けがどんなふうに歌詞によって新しい意味が付与されているか、キラメキラリをこんなふうに使ってくるんだという驚き、どんなふうにためられた力が解放されるか、アップの時のわたやよいの表情こんな顔切り取ってくるんだよすごいよというところ、緊張から弛緩に至る動画全体の構成力、紙吹雪の使い方! 見どころたっぷりなのでぜひぜひ見るべし思い切り楽しむべし
目次 - 特集記事2

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 22:22
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM