<< 1つの作品として捕らえ直されるべき11連作:前編 | main | yocch41Pの新作 "MAD アイドルマスター 真美 × 第九" >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


1つの作品として捕らえ直されるべき11連作:後編

JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER

一一PのThe Cure11連投の魅力を語る。前編はこちら

■2枠目

・The Cure with THE iDOLM@STER(07/11)The Kiss

B面のはじまりは春香さん。重たい曲調、余裕ある長い前奏は後半の開始にぴったり。
I Want、迷走Mind、主題歌、Relationsと情念系?のダンスで圧倒してきますが、
後半になってやっと出てくる歌詞で描かれるのは愚民を威圧する閣下ではなくて
もしかしたらDikePの "キスを"ダムPの "さよならを教えて" の間を繋ぐような、
いや、それとも少し違うか。不幸のなかにいる一人の女性がいるのです。

・The Cure with THE iDOLM@STER(08/11)Disintegration

そして、作者自身「今回の企画の中心」と呼ぶこの動画に辿りつきます。
もうこのあたりに来るとダンスのうまさは当たり前になっていて、
その基礎の上に何を乗せてくるか、キャラクターをどう表現するか、
というところに自然と視聴者の意識は向かっているのですが、
それを措いてもここでの中盤UpとMiddleが生み出す緊張感、
それが後半にLongに広がっていってゆっくりと沈静化していくさまは
まさに全編の白眉と言えましょう。律子。

【ニコニコ動画】The Cure with THE iDOLM@STER(09/11)Friday I'm in Love
最深部の重たい世界から一転、ここで曲調が明るくなってほっとします。
ここでのやよいの愛らしさを本当にわかってもらうためには、
ここまで連続で見ていただく必要があります。ほんとです。

・The Cure with THE iDOLM@STER(10/11)Strange Attraction

連作も終盤に近づいてきたなあと思わせるポップな曲調。
この歌詞で千早というのがぐっときます。千早ファンならここまで連続で見るべし
(そればっかりだ)。そしてふっつりと終わって驚かされるラストの余韻。

【ニコニコ動画】The Cure with THE iDOLM@STER(11/11)The Loudest Sound
最後は締めくくるにふさわしい静かなバラード。もう言葉もでてこないような静かな情感。
ラスト一分、歌詞が、振り付けが胸に迫ってきます。伊織です。



このように、11連作は前半と後半を大きな枠に、前半を緊張と弛緩でまとめ、
7・8曲目で前半の重さが戻ってきて最深部に至り、
その後の転換から独特の緊張感を保った静かな収束まで、
一連の大きなうねりを持った雄大な構成によって
まとめられていることがわかります。

とこうやって箇条書きしても全くこの大きさは伝わらない。
たとえば曲の後奏から次の曲のイントロへの流れが
実に注意深く準備されていることや
亜美と真美で前半をまとめるアイデアの面白さなど
色々注意しながら見て欲しいのですが、
なによりもとにかく生放送をもう一度やって
もっと多くの人にこれを体験してほしいという思いでいます。
筆者などよりも視聴者がいらっしゃる放送主さんにぜひやってほしいものです。
この長さがあるからこそダンスPVが、ステージが意味を持ち、きらめくのです。



実際の放送では曲が終わった後ちょっと間を空けて
(再生遅延している視聴者対策・兼・動画の余韻にゆっくり浸っていたい気分)
いたこともあって、後半は急ぎ気味になってしまいました。
最後の動画で再生が切れてしまい、申し訳ありません。
(ロスタイム利用法があるとは、最近知りました)

なお、今後も思いつきでこんなふうな放送してみたいと思いますので
ご縁があればお付き合いください。
目次 - 特集記事2

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 21:55
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
生放送お疲れさまでした。
個人的に、長編大作よりも連作短編が好きな人間なのですが、
改めて11作を通して実況しながらみた事により
単体では気付かなかった事が色々と見えてきて興味深かったです。

色々なPの作品も、セットリスト次第で相乗的に膨らむのだとしたら立派なプロデュースになりえる、とも思いました。
  • wyrd
  • 2009/11/05 5:36 PM
おお、wyrdPいらしてたのですか! ありがとうございます。
見てなかったシリーズものを一気に見よう、という軟派な動機だったのが、自分で放送しながらすっかり興奮してしまいました。コメントも忘れて見入ってしまった。

セットリストは工夫次第で色々な効果を生めそうですね。筆者は怠け者なので思いつきの放送では特定の作家について投稿順に流す、という内容にしてしまいそう。アストロP・yocch41P放送では工夫したいものです。
  • club-jamora
  • 2009/11/05 10:52 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM