<< 新機能ほかについてよもやま戯言 | main | 新作ピックアップ:ダンスとカット割 >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「つんでれんこ」プリセット 超やっつけ比較検証

JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER
使いやすさと画質、速度の速さなどで評判の高い
フリーのエンコードソフト、つんでれんこ。
配布用ページにあるプリセットには、
「アニメ・アイマス・MMDなど」と「実写・PCゲームなど」の
二種類のプリセットがあります。

たしかに実写とアイマスではエンコード結果はかなり違うけれど、
ほんとうにアニメ・MMDと同じプリセット傾向で大丈夫なのだろうか。
ということで、既出のような気もしますが両方のプリセットを比較してみました。

■設定
・つんでれんこVer2.19使用
・使うプリセットは両方とも画質超重視の "e4" と "j4"
・ビットレートは映像808kbps、音声192kbps。
・再生負荷軽減は使っていない

とまあだいたいこんな感じで千早さんに踊ってもらって放り込む。

■結果

・"e4"(アニメ・アイマス・MMDなど)
e4

・"j4"(実写・PCゲームなど)
j4

正直なところ筆者の眼力ではあまり区別がつかないのですが、
上のほうが輪郭がはっきりしているけど色が一様になった感じで、
下は輪郭がぼけ気味のかわりに色の階層が深い。
上のほうが画面がぺらっとした感じで、下だとノイジーに感じる人もいるかも。
(シーンチェンジの敏感さも変えてきているかもしれませんがよくわからない)

実写やPCゲームの場合、輪郭が多少ぼけても色深度が出たほうが
きれいに見えるということなのでしょう(?)。

普通のアイドルマスターMADなら確かに上のほうが向いていると思いますが、
例えば最初からソフトフォーカスを狙っている場合や
比較的固定カメラが多くてシーンチェンジも少なく、
映像の肌理を見せたいような場合など、
下の "j4" を使ったほうがいいときもあるかも知れません。

例えば以下のような、実写画像とキャラクターを組み合わせた動画で
比較してみたいものですね。

・アイドルマスター伊織 「70%-夕暮れのうた」

アジャP。

・【アイドルマスター】月からの招待状 【0905P合作CM】

けるまPの0905P合作告知。

今回は比較のために制限解除前のビットレートで行いましたが、
ビットレート・解像度を上げれば両者の区別はつきにくくなると予想できます。

ちなみに出来上がったファイルのサイズはほぼ同じでした。
動画の内容によって、サイズに差が出る場合もあるようです。

■参考:実写でも比較してみた

・"e4"(アニメ・アイマス・MMDなど)
e4実写

・"j4"(実写・PCゲームなど)
j4実写
元の画質・解像度が低いこともあって、筆者には区別がよくつかない。無念
下のほうが発色よい気もします。
ということで、視覚的な能力ある方の解説お待ちしています。

なお、超やっつけ記事を書く勇気をくれた先達はこちら。

・Plemiere Elements 超やっつけシリーズ

この脱力具合が妙に心地よい。レヴェラP。
目次 - 特集記事2

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 23:53
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM