<< ロシア・ソ連アニメーションの探しかた 下 | main | 反省・訂正・熱暴走 >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


誰かに書いて欲しいというよくある話

JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER

・アイドルマスター 宝野ハルカ -MASTER ARTIST 66-

ということで待ちに待ったAnother Master Artistシリーズ第3弾、
お得意のマニエリスティックでけれん味ある表現が楽しいですね。
(前回のMaster Artist 13についての連続紹介記事もあるのでよろしく
⇒ なぜRidgerPはニコマスの帝王なのか その1
いやあ書いてよかった。関係ないけど)

筆者の映像の好みとはいささか異なる演出傾向を持った作家ながら、
ゲーム映像という制約ゆえか、アイドルマスターMAD界には
見るに足る映像を作れる作家がまだまだ少ないこともあって
卓越したエンターテイメント作家としていつも楽しく見ております。

しかし今回の作品、単純に楽しむにはなにか引っかかるものも感じた。
作者の汗を感じたのか、あるいは何かが尾を引いている感じとでもいえばいいのか。
動画説明欄にある「曲お楽しみください」という書き方も気になる。
まるで、映像面は「楽しむ」ものでないかのような、そんな狙いがあるのか。

ξ*'ヮ')ξ<まあ演出でしょ

演出だとしても、その背景を知りたくなるじゃないかやよい。
考えてみればRidgerPは2007年5月という早い段階でアリプロ×春香作品を2作品投稿、
閣下イメージを確立させた立役者の一人、
⇒ 【ニコニコ動画】アイドルマスター 春香覚醒カタルシス(ALI PROJECT)
⇒ 【ニコニコ動画】アイドルマスター 阿修羅姫(ALI PROJECT) 黒春香 2体目

さらにはおまんP・わかむらPから挑戦?さえ受けた後の渾身の一作ということで、
黒春香をどう解釈するか・12分という長尺を生かして何を表現するか、
作者はそこのところ今回は相当力入れざるを得なかったんじゃないか。

ξ*'ヮ')ξ<いやMA66のアイデア自体は2007年からあったみたいだし、
 そこはカタルシス・阿修羅姫の延長線上にあると考えていいんじゃないの

そうだろうかやよい。
とりあえず筆者にはキャラクター解釈を文脈に沿って読み解く力はないし、
動画のストーリーを読み取るような面倒なことは避けたいので
他のブログで理解を深めようと思ってみてれぅチャンネルのリンク95本を回ってみた。

でも、動画が投稿されてからまだ3日目ということもあって、
技術的なことを書くブログがほとんどだったので残念でした。
そりゃ技術がびっくりするほどすごいのはわかるけれど、
RidgerP信者を自任する人までがそのあたりで一喜一憂してるのは、
結局RidgerPファンって彼の技術に魅かれてただけかといささか首をかしげます。
学ぶところそこじゃなかったはずだろうと。

ξ*'ヮ')ξ<じゃあどこを学べっていうんだよ教えろよ

やよい・・・
それはともかく、巡った中から他の面白かった記事をリンクしておきます。
アイドルマスターMAD専門でないブログからの興味深い指摘もあり、
楽しめると思いますので興味ある方はどうぞ。

⇒ Augenblicke - 鎬を削るという事
RidgerP作品に距離を置いているらしいブロガーが
かえって作家とキャラクターの関係に触れているのが眩しい。

⇒ 続・空から降ってくるので - もう何を書いたら(略)
この動画はいわゆる「黒春香」のみを描いたものではないということ。なるほどなあ。

⇒ 3日坊主のメイドさん - アイドルマスター 宝野ハルカ -MASTER ARTIST 66- in ニコニコ動画

⇒ WebLab.ota - アイドルマスター 宝野ハルカ -MASTER ARTIST 66-について
ここぞという所の長回しはこれまでもRidgerPの真骨頂でしたね。
フォロワーもがんばるのだけどRidgerPほどに決めることができない。

⇒ エクレアの宝石箱 - アイドルマスター 宝野ハルカ -MASTER ARTIST 66-
当記事とは関係ないけれどMA系大作(削除済のもの含)が一望できるので参考までに

⇒ Hall of Fame - MASTER ARTIST 66。
のほほんとしているようで言い辛い要点を外さないみゃーもPの舌鋒は今回も冴え渡る。
この方の絵がまたすごいんです。
・【アイドルマスター】ふたりのシンフォニー

ξ*'ヮ')ξ<うっうー、どういうシチュエーションだよ

⇒ 白雅雪blog - アイマスの王、王の中の王
いや、技術的な内容なのですが、いつも面白い白雅雪blogの人が非常に楽しんで
いらっしゃる。前後のエントリーでも連続で取り上げていてそちらも面白い。

こういう観測は定期的に続けていかないと意味がない気もするけれど
後は爽快Pの記事Pickupに任せます。

さて。キャラクター解釈やストーリーに突っ込んだディープな記事が読みたいものです。
そこは筆者のようなライトファンにはどうしてもわからない部分なので。

9/30追記:反省記事書きましたのでご一読ください

目次 - 特集記事2

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 23:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM