<< モデリングから動画を見る その9 律子のモデリングと "メロディック妹メタル" 上 | main | モデリングから動画を見る 11 律子のモデリングと "メロディック妹メタル" 中の補足 >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


モデリングから動画を見る 10 律子のモデリングと "メロディック妹メタル" 中

JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER

・アイドルマスター 『メロディック妹メタル 〜妹ライン10/10〜』 秋月律子


■律子のモデリングとアイロニー

さて、律子のキャラクター造形の特殊性について、キャラクターデザインに
疎い筆者はよくわからないので一般的な風評を元に話を進めていくことになります。

律子のデザインでもっとも茶化される部分、
エビフライと呼ばれるおさげに今回は注目します。
(眼鏡・ローソン・フリップフロップについてはスペースの都合で触れません)。
現実にありえないというなら春香さんのふたつリボンでも言えるはずですが、
春香さんのリボンに対する指摘がいささか上滑りな調子になるのに対し、
エビフライについては反論しがたいものも感じます。

日本でのゲームやアニメキャラクターなどの造形傾向から見て
一般的かそうでないかという違いに過ぎないかもしれませんが、
仮にそれ以上の何かがあったとしてみます。

不恰好なおさげが示しているメッセージは、シンプルに
「子供っぽさ」「自意識の薄さ」とでもまずは見てよいと思うのですが、
一方で、律子のVo・Da・Vi各衣装の造形は
アイドルマスターのキャラクター中でも特にボディコンシャスな、
アイドルとしての "見られる身体" を誇張したデザインだと感じます。


『メロディック妹メタル 〜妹ライン10/10〜』から。ガーターですよガーター!

このイメージ間の齟齬のために、エビフライの持つイメージは
単純な子供っぽさではなくて自分の性に対する反発(と過剰な意識)、
自意識のなさというよりも自信の無さ(と突っ張った自負心)というふうに
一歩奥にうがってしまう誘惑をはらむことになります
(ストーリー上の性格を知っていればなおのことですね)。

ではモデリングとしておかしいかというとおそらくそんなことはなく、
強調された胸の下半円ラインがおさげのラインを反復して調和が取れているわけで
律子の胸の大きさは伊達ではない。


『メロディック妹メタル 〜妹ライン10/10〜』から。フリップフロップから落ちる導線がおさげで一旦はじかれてしまうように見えながら、胸のラインによる円弧の反復で下方向にまとまって流れていく。


パジャマ姿ではなぜおさげが解けているのか、という突っ込みが入りそうだのう

もっとも、この造形上の反復が、意味上のズレ(子供らしさ / 女性性)
を強調してもいるわけです。
韻文詩で、音声上は韻を踏んでいる二つの単語のイメージに
ギャップを持たせることがありますが、この場合もそれに近いと言えそうです。

つづく
-
モデリングから動画を見る その1 やよいのモデリング
モデリングから動画を見る その9 律子のモデリングと "メロディック妹メタル" 上
目次 - 特集記事2

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 23:57
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM