<< ピックアップ 15 | main | ピックアップ 16の2 多作の作家 >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ピックアップ 16の1 音いじり系

JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER

夏バテで活動が停滞しております。何とかしないとなあ。
今回は6月27日〜7月3日の動画を紹介しますが、好みの動画が多いので3回に分けます。
1エントリーにまとめればいいじゃないか!と思われるかもしれませんが、
ひとつの動画の感想を書くのに神経が消耗してしまう性分なので
精神衛生上、1日3本くらいまでにしておいたほうがよいらしい。
毎日沢山の動画を紹介するブロガーには頭が上がりません。

さて、今回は音いじり系の作品を2本紹介します。

■アイドルマスター「千早の名によるメヌエット」を演奏してみた+PV

変態的に錯綜した編曲も見せれば一転して美しいアレンジも出来、
その腕を見込まれてアイマスクエストのアレンジャーとしても活躍しておられる
その名もarrangerPの新作です。
千早の名前から導いた音列を用いたanimebrass氏の楽曲を演奏しています。
名前を音列化して曲にするのはクラシックでは決して珍しいことではなく、
"フーガの技法" でのB-A-C-H、アベッグ(A-B-E-G-G)変奏曲他シューマンの諸曲、
ショスタコーヴィチの交響曲第十番(D-S-C-H)他枚挙に暇はない
(音列の作り方はいろいろあります)わけですが、アイマスでやるとはすごい発想。
そして、この曲は人の手で演奏されることでぐっと魅力が引き立ったと思う。

arrangerPのブログではマイクセッティング奮闘記もあります。
自宅でピアノの生音を録るのは大変なのだろうなあ。

■アイドルマスター Colorful Days (Coopers World MIX)

高品質のリミックスや斜め上のマッシュアップで活躍しておられる、
ぐり〜んPのマッシュアップです。
これがどうしてはまるのか今ひとつ理解できないのですが、
Colorful Daysのメロディは原曲だとルートに収まって単調になってしまいがちなところ、
バックのキーを差し替えることで実にかっこよくテンションノートにはまって、
メロディが予想外の方向から生き生きと動き出します。
Colorful Daysのメロディはマッシュアップ向きなのかも知れませんね。

なお、マッシュアップ元のSquarepusherは
ニカマスの始祖SquarePの名前の元になっているほか、
複数のPの諸作で既にアイドルマスターMAD界ではおなじみです。
レヴェラP ⇒ アイドルマスターで「my red hot car」(Squarepusher)
おとやP ⇒ 「アイドルマスター」× 「Squarepusher」【Nicom@sRockFes08】千早
ふぃるP ⇒ アイドルマスター 千早はどう生きたい?
近づいたNoNoWire'09の予習にぜひどうぞ。
-
過去の関連記事:
ピックアップ 15

目次 - 特集記事
ピックアップ 16の1 音いじり系

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 23:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM