<< みかんスジP讃 | main | 今週のピックアップ 11-1 どこか気になる作品紹介 >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「シンクロはエフェクト」というフレーズの検討

JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER
言葉遊びがてらの自分用まとめ。

■ ■ ■

「シンクロはエフェクト」一見このフレーズはナンセンスに思われる。
"シンクロ"とは音と映像との同期のことであり、
"エフェクト"は音や映像に対して用いられる特殊効果のことだからだ。

動画におけるエフェクト概念を機械的に、下の4種類に分類してみた。

1.映像に対してかけられる・映像による・特殊効果
2.音に対してかけられる・映像による・特殊効果
3.映像に対してかけられる・音による・特殊効果
4.音に対してかけられる・音による・特殊効果

「シンクロはエフェクト」という言葉を読んで筆者が感じた混乱は、
エフェクトという言葉をきいて1番だけを思い浮かべたために生じたものだ。

シンクロという言葉の定義から、この場合の"エフェクト"の語義は
2番または3番、ないし2番と3番両方を指すと考える。

そこから、このフレーズは
「動画上での音と映像との同期は、音または映像に特殊効果をもたらす」
という奥深い一般的現象を端的に述べたものだと結論する。

この場合の「シンクロ」がアイドルマスターMADにおける狭義のダンスシンクロ、
つまり「ダンスと音との同期」であったとしても適用範囲が変わるだけで
基本的な意味は変わらないと筆者は判断する。

■アイドルマスター 春香さん vs pizzicato five 『a perfect world』

時間を利用した空間表現として映像をとらえるか、空間を用いた時間表現としてとらえるかでPVの印象は異なってくる。versusPの動画はデザインチックな構成美に満ちていながらも映像表現の中で時間が俯瞰されて固化せず初々しさと柔軟性を保っている。これは空間芸術かそれとも時間芸術か? レッシング読み直してみるかなあ。

時間について考えているとさっぱりわからなくなる。
まして時間と空間との関連となると雲をつかむような話だ。
-
過去の関連記事:
yocch41P "とかち × テトリス" について
音楽と映像に距離を持たせること 上

目次 - 特集記事
「シンクロはエフェクト」というフレーズの検討

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 23:49
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM