<< なぜRidgerPはニコマスの王なのか その4 | main | なぜRidgerPはニコマスの王なのか その6 >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


なぜRidgerPはニコマスの王なのか その5

JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER

補遺のようなもの。

■カメラワーク

カメラワークと題したけれど、カメラワークの話はしません。ごめんなさい。

その2〜4で、RidgerPの映像演出について触れたけれど、
そもそもそれはアイドルマスターの素材を生かしていると言えるのだろうか、
映像編集経験者が力技で無理やりこしらえた、
アイドルマスターとはかけ離れたものなのではないか?という疑惑に返答しようとしてみる。

・アイドルマスター Smile Love Power完結編? 雪歩 真 あずさ


(以下格納)
■PV映像を抑制する志向・生かす志向

せっかくなので、花見川さんの古典的記事に並び称されるMAD作家ふたり
orgonePとナオキPを例にとってみます。

ゲーム「アイドルマスター」のPV映像のカメラワークには
それ固有の志向やカット変更の癖のようなものがあります。
そのままにしておくと、いかにもアイドルマスター映像らしくなってしまいます。

この元映像の力学を抑え、自分の映像を作る志向を持つのがorgonePです。

・iDOLM@STER feat. AZUSA 『LIFE2008』
美しいレイアウトでキャラクターを置いていく。カメラが動く場合でも、アップなどで挟むことでカメラの動きを引きずらない。クロマキー抜きなどでカメラの力を弱めつつ、わずかに残ったステージの動きを利用する。
・iDOLMASTER×FPM 302  『don't you know?』

0:25地点、右から回ってくるロングカメラはアップによって断ち切られる。映像自体が持っている力をそぐことで、モノクロ律子とカラー律子の差異を印象付ける。一方で、1:50〜1:59でのモノクロをカラーで「なぞる」和解の伏線にもなっている。カメラをつなぐのではなく、対比を積み上げていくorgonePの手法が現れている。
orgonePはカメラワークを利用しないのでなく、抑えたうえで利用するわけです。
ただ、orgonePが次第にアイドルマスターの映像から離れた作品を
作る方向に進んでいるのは、ある意味必然的な帰結なのかもしれません。
KAKU-Tail Party SPでの律ちゃんがどう来るか、ワクワクが止まらないぜ。

一方、ナオキPは元のカメラワークの力学を最大限に引き出し、
その流れを時に引き出し、時に堰きとめながら動画全体の起伏を構成します。

・アイドルマスター (MAD PV) ”Fallen Icons” 雪歩、伊織 H.264

ダンスは途切れても、ロングで流れたカメラの勢い、たわめた力がずうっと重なっていく筆者には謎の技術。その連続性がじわじわとカットの衝突によって葛藤に乱され、とうとう最後の両キャラクターアップ交代によるゆるやかなカタルシス・着地に至るナオキPメソッド。
元の映像をほとんどトリミングしないのも、
映像の力をできるだけ削ぎたくないという意図があるのではないでしょうか。
ナオキPの映像はMAD作品に珍しくMiddleカメラに必然性が感じられるのですが、
原因のひとつとして、映像が進もうとしている流れを
邪魔せず利用していることがあるかと思います。

で、RidgerPの場合はどうか。長くなったので次回。

-

その1 - その2 - その3 - その4 - その5 - その6
目次 - 特集記事
なぜRidgerPはニコマスの王なのか 

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 21:11
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM