<< なぜRidgerPはニコマスの王なのか その3 | main | なぜRidgerPはニコマスの王なのか その5 >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


なぜRidgerPはニコマスの王なのか その4

JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER

■エンターテイメントとしての構成力 下(実例)

・アイドルマスター 伊月伊織 -MASTER ARTIST 13-


3幕構成のポイントを追っていく試み。概要はその3にて。
画像もあって長いエントリーなので、できれば動画を追いながら読んで下さいませ。

(以下格納)

「まじげっちゅ」のあたりをどう考えるか迷っています。
今回は暫定的に、時間で機械的に幕を割ってみます。

1-A 0:27

冒頭約30秒のオープニング。重要な伏線カットを派手に積み上げ、一気に惹きつける。
ここに限らず、だいたい "30秒" が1つの演出単位になっている。

1-B 1:26

ABメロからサビに移るタイミングで、黒メルヘンメイドが彩色される解放感。
動画全体に通底する、黒と色彩の対比の呈示。
楽曲変更までの背景の青から赤への移行にも注目。手綱をここでは緩めない。

・2:09 楽曲変更 Valkyrja→まじげっちゅ

1-C 2:30 「にゃー」(3:00の30秒前)

動画全体の演出上のアクセントというには我ながら疑問があるところ。

・2:52 「よろスク!」


2-A 2:57 「魔法さくれつ」

これも我ながら疑問点。
ただ、元のアダルトゲームOPのエフェクトを再現する必然性は比較的薄い。
来る後半の準備として、1/3のこの地点に弱いアクセントを置く必要があったのか。

・3:25 楽曲変更 まじげっちゅ→Vampire
にゃー・魔法さくれつ・楽曲変更がだいたい30秒毎。
部分的に呈示されていた、興奮色の赤がここでは動画を主導する。
(この楽曲変更地点を2-Aとし、「よろスク!」を1-Cとしたほうが自然か?)

2-B 4:28 いわゆる "リッジャーターン"

動画全体のちょうど転回点、最大の焦点に
RidgerP演出の代名詞でもある "リッジャーターン" を持ってくる。
赤の勝ったVampireからモノクロカットを経て、鎮静色である青を鮮やかに見せる。
もっとも、すぐに黄色支配に移って鎮静は保留される。

2-C 5:31 「切り裂く力となれ」(黒衣装に変更。6:00の約30秒前)

背景を黄色から青に戻し、スローモーションでの時計回り連続ターン。
強い逆時計回りの「リッジャーターン」に対する小解決。(衣装変更はどう考えるべきか?)

3-A 6:00 楽曲変更 Noble Roar→Patriot Anthem
ここはハッキリと幕変更。2/3。
ゴシックプリンセスの黒・補色の緑と対比され、赤色がどぎつく示される。
はるかっかの登場で否が応にも盛り上がるところだが、
映画「魔女の宅急便」の飛行船のようなもので、春香が動画を食ってしまうことはない。

3-B 7:30 「止めた時がいま」

この直前バストアップのカットが印象的で取り上げられることが多いが、
タイムを考慮すると、この白黒パートの超スローが
全体のクライマックスということになる。
動画の全編にわたって伊織には赤・青の色彩の対立項が与えられ、
どちらに向かうかわからない緊張した状態としてモノクロが用いられる。
閣下がこの動画に登場するのは偶然ではないようだ。

3-C 8:28 エンドロール直前

一旦青色に落ち着くかと思われた背景は、紫色を経て、
「私の求めた未来が たとえ絶望だとして」の "絶望" に合わせて赤色に変わり、
赤が支配的なままエンドロールに移る。
ウェディング姿で何度か動機付けられる「青」への解決を夢見つつも「赤」の運命から
逃れられない、ロマン派的探求者の悲劇的イメージが伊織に重ねられることになる。

8:28以降は30秒程度のエンドロール(これで9分)、10秒弱のフェードアウト・暗転。
なお、Veoh版ではこのエンドロール背景にカットが重ねられ、
最後は伊織の幻想的なウェディング姿で終わる(視聴後の印象は少し軽くなる)。

■まとめと課題

今回色調の観点から見てみただけでも、
RidgerPが興奮色・鎮静色を手綱のように操って
王道三幕構成を利用し生かしていることが確認できたと思います。

「こんなに意匠を凝らす必要があるのだろうか」とさえ見えることがある
RidgerPの演出は、リップシンク・振り付けなどのシンクロ技術的側面だけでなく、
映像的な演出・動画全体の構成・またシンボルやストーリー性など
多様な観点から再検討される必要があります。

そのためには衣装変更などシンボルに対する「読み」が要求されますが、
当ブログの手には余る課題です。ゲーム中での伊織のキャラクターについて
把握しているブロガーによる検討に期待しています。

-

以上、読んでいただいてありがとうございました。次回とその次は補足です。

その1 - その2 - その3 - その4 - その5 - その6
目次 - 特集記事
なぜRidgerPはニコマスの王なのか 

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 23:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM