<< 2009年の新しいアイドルマスターMADを牽引してくれそうな6人の作家 下 | main | アストロPファンの2008年下半期ニコマス20選 >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アストロPの新作 "俺らハワイでプレスリーになるだ / Big Yellow Taxi: Joni Mitchell x 吉幾三"

JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER

さて、アストロPが年賀状代わりに叩きつけてきたものは・・・

・俺らハワイでプレスリーになるだ / Big Yellow Taxi: Joni Mitchell x 吉幾三


ジョニ・ミッチェル×IKZO。なんだこの組み合わせは。
考えてみると、IKZO動画流星群にも引用された名作「と・も・子・・・」で
アストロPはIKZOのフォークシンガーとしての側面を既にクローズアップしていました。
また、名作「農協は夜の7時」で都会と田舎との対立構造を浮き彫りにしてきたわけです。

農協は夜の7時に見られた村上春樹風コメントまで健在であって、
この巧みな文体模倣を読んでいると、そうか村上春樹の文体の最大の特徴って
うさんくささだったのか!! と思えてくるから不思議です(あながち外れてもいない?)。

強烈なアタックと直進するリズム感から、幾三MADは
打ち込みダンスミュージックに親和性がある印象を筆者は抱いていましたが、
今回アストロPはフォークソング(え、プレスリーだからロックンロールだって?)
という土着の情念を喚起する共通の土台を用意した上で
改めて都会派ジョニ・ミッチェルと青森派IKZOを衝突させ、
都会人のエコロジー趣味・地方民の都市羨望を
共に風刺した・・・というような狙いがアストロPにあったかどうかは
筆者にはうかがうよしもありませんが、
楽しそうに踊る律ちゃんが相変わらず無根拠に素敵だなー。

ジャンプで飛ばされる先は前作のBig Yellow Taxiです。
前作が良ダンスPV作品としてサッパリとまとまっているだけに、
今回声を加えるだけでいかにカオスな映像空間に変貌するか、
IKZOの力をまざまざと見せ付けられる思いがします。
ぜひともジャンプに従ってぐるぐると両作品がループするのを追っていって下さいませ。

-

チヒロPがじっくり語り語られてみよう企画記事にご返答くださいました。
⇒ 千尋亭日乗 - 返答No.11
筆者の該当記事はこちらからどうぞ
丁寧で細かなご返答ありがとうございました。いやーやっぱりじっくり語りは怖いのう。

目次−アストロP
アストロPの新作 "俺らハワイでプレスリーになるだ / Big Yellow Taxi: Joni Mitchell x 吉幾三"

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 22:18
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM