<< 60's洋楽m@sterのおもしろさ その5 | main | 音楽と映像に距離を持たせること 上 >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


60's洋楽m@sterのおもしろさ その6

JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER

主催者のにゅうぽこPが全動画を削除されたということで
60年代作品も寂しくなってしまいました。
今回は今までのテーマに関係なく、作品を紹介していきます。

・アイドルマスター Heartbreaker 【60's洋楽m@ster】


(以下格納)
 Venusでも紹介したもにょわにょP。
中盤のギターソロに合わせて踊る雪歩が最高です。

・【60's洋楽m@ster】 『アイドルを探せ』 シルヴィ・バルタン

スキップフロアP。これは前半のシークレットトラック??がBPM123に対して、
後半の本編は113なのですね。本編とどちらがダンスにあっているかを考えるのも面白い。

・【60's 洋楽m@ster】Taxman【アイドルマスター】

はじめP。楽曲の乾いたユーモアを振り付けとキャラクター交代のみで表現してます。
BPMを合わせていて、ダンスがゆっくりに見えるから敬遠されがちなのか。勿体無いな。

・アイドルマスター 真 Amour sans amour

エムツーP。セルジュ・ゲーンズブールの初期の曲。
確かにゲーンズブールのかっこよさを引き立てるには
このような引き算の美学がぴったりだと思いました。
最小限に絞られたアップの真の表情が実にダンディ。

・【アイドルマスター】『Jumpin' Jack Flash』【60's洋楽m@ster】

2000年代洋楽m@ster主催者、めいろっくPが参加。
鋭さと硬度を感じさせる白黒の画面、スローなんだけど点で合わせてくるダンス、
ゆっくりと重たさを感じさせながら動くカメラワーク、
ストーンズのリズムの沈みを見事に映像化してます。すごい。
ラストカットの引きが実に衝撃的。00'sも楽しみです。

・アイドルマスター we did it again(Soft Machine) 春香律子デュオ

うおおお、ソフトマシーンの1st!
wyrdPはプログレが入ったサブカル曲を一貫して取り上げている謎めいた怪作家ですが、
まあソフトマシーンを何食わぬ顔で取り上げられるのはこの人しかいない。
淡々としたリズムに淡々と合わせていってサイケな感じに引きずり込む、これも
ダンスシンクロの正当な応用ではありますが、画面全体に漂うのは異端の旨味。必見。

・アイドルマスター60's洋楽m@ster 「The_Last_Waltz」千早

前回も取り上げたPOPOLP、リクエストに応えてエンゲルベルト・フンパーティングの名曲。
スローの3拍子に長回しで見事に合わせてます。もっと見られてよいいぶし銀の名作。

---

全作取り上げたかったけれど、
スペースと可読性の関係もあるのでこれでおしまいとします。
バカラックが出てこなかったのが心残りですが、
電子アイドルのダンスに合わせて好きな音楽を聞ける楽しさ、
アイドルマスターMADの基本に立ち返ることができたように思います。
主催者それに参加者の皆様、ありがとうございました。

スポンサーサイト

  • 2014.02.22 Saturday
  • -
  • 06:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
ページビュー
ブログパーツUL5
リロードで回るのであまり意味のない数字
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM